近ため公式Twitterはこちら

【C#】名刺アプリの仕様設計とメインフォーム作成

スポンサーリンク
C#名刺管理アプリ (1) C#

C#で名刺アプリを作成する手順を説明します。今回は第1回目ということで、名刺アプリの仕様設計とメインフォームの作成まで行いたいと思います。

目次はこちらです。

名刺アプリの仕様を考える

開発を進めるには、「設計書」を作成する必要があります。プログラムの開発の現場では、どこまでが仕事の範囲なのかを定義することが必要です。(納期やコストがあるので…)

  • アプリの要件定義(作る上で最も大切とすること)
  • UIと機能の設計
  • データベーステープルの項目

アプリの要件定義

まずはアプリを作る上で最も大切にすることは何か、考えます。例えば、「様々な機能を備えたアプリ」「説明書が要らないような直感的に使えるアプリ」「処理が軽く、バグがないアプリ」などです。

今回は「説明書が要らないような直感的に使えるアプリ」を要件として定義して行きたいと思います。

絵を描いてみる

かなり見にくいですが、どういう感じでアプリを動かすか、書き出してみました。特に、何を実装して何を実装しないのか、はっきりと分けることが重要です。

設計書

例えば、「名刺からデータを自動読み取りし、入力フォームに反映させるのは技術的に難しいと判断し、名刺からデータを自動読み取りのみ実装する」「SQLServerへの接続は2通りの認証方法を使用できるようにする」など要件を満たすように設計を進めます。

今回は作成手順を順次説明するので、設計段階の説明は省略します。

プロジェクトの作成

まずはVisual Studioを開きます。

新規プロジェクトの作成

 


プロジェクトテンプレートで「Windows フォーム アプリケーション(.NET framework)」を選択。

プロジェクトのテンプレート選択

 


プロジェクト名を「CardApp」にします。(大文字などスペルミスをすると、今後コードをコピペできなくなる可能性があるので、注意してください。)

プロジェクト名

 


下のようになればOKです。

この画面が開けばOK まずは開始を押してみる

「開始」もしくは「F5」をクリックすると、ビルドが開始されます。

ビルド何もないフォームが作成されていれば、OKです。

何もないフォームが作成される

では、このフォームをメインフォームに書き換えていきましょう。

メインフォームを作成する

まずはメインフォームの完成イメージを見てみましょう。

完成イメージ

完成イメージ

アプリの根幹となるフォームですが、Win Formでは簡単に作成できます。難しいプログラミングは一切必要ありません。

プロパティを設定する

Form1のNameプロパティを「Fm_MainControl」に設定。※プロパティウィンドウが表示されていない場合はフォームをクリックしてみてください。

メインフォームにNameプロパティを設定Nameプロパティ同様に、Textプロパティを「Fm_MainControl」と設定。

BackColorプロパティのControlの記号をクリックすると小ウィンドウが開きます。Webタブに切り替え、LightCyanを設定します。続けて、Sizeプロパティに「1394, 892」と入力します。

カラーとサイズプロパティを設定する

フォームの名前を変更する。

Form1をFm_MainControlに名前変更

ここまでで、以下のようになっていればOKです。

メインフォームステップ1終了

コンポーネントを配置する

続けて、フォームに部品(コンポーネント)を配置します。まずは、Panel1を配置しましょう。左上の検索欄にpanelと検索し、Panelをクリックすると、カーソルが「+」に変わります。フォームのどこでも良いのでPanelを配置してください。配置したPanelはドラッグアンドドロップで移動できます。配置が出来たら、プロパティを以下のように設定してください。

BackColor LightSkyBlue
Cursor Default
Size 1357, 55

パネルを配置


同様にpanel2も配置します。

BackColor Dodger Blue
Cursor Default
Size 352, 47

panel2を配置


labelも同様に配置します。

Cursor Default
Font 27.75
FontColor Transparent
Size 243, 37
Text 名刺管理アプリ

label1を配置

TabControlを配置も同様に配置し、プロパティを以下のように設定します。

Cursor Default
ItemSize 42, 18
Location 12, 73
Size 1358, 775
TabStop False

tabcontrolを配置

TabPagesの(コレクション)の隣にある「…」をクリックすると、下のようなウィンドウが開くので、画像のように設定を変更してください。

タブページのプロパティを設定

【HomeTabPage】

(Name) HomeTabPage
Padding 0, 0, 0, 0
Text Home

【CardAddTabPage】

(Name) CardAddTabPage
Padding 0, 0, 0, 0
Text 名刺を追加

【CardsFolderTabPage】

(Name) CardsFolderTabPage
Padding 0, 0, 0, 0
Text 名刺を管理

【CardSearchTabPage】

(Name) CardSearchTabPage
Padding 0, 0, 0, 0
Text 名刺を検索

ここまでで、完成イメージの通りになっているはずです。現時点では、メインフォームにプログラムはしないので、これでひとまず完成です。

完成イメージ

この記事のまとめ

メインフォームの作成では以下のことを学びました。

  • アプリの仕様設計
  • Win Formのコンポーネント
  • プロパティの設定

コーディングは一切せず、ドラッグアンドドロップで簡単なフォームが出来てしまいました。コーディングが大変なUIのプログラムを自動生成してくれる、これがWinFormの強みです。

では、次の記事に進みましょう!

 

前回の記事はこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました